返品特約とキャンセルについて

返品特約とキャンセル

当サイトの返品特約とキャンセルについての取り決めです

返品について

お客様都合による返品はできません

商品破損時の処理

商品に破損があった場合、代替品による処理を行います

代替品は、ご連絡いただいたら、直ちに発送します。ただし、特別なことのない限り商品到着後1週間を限度とします

代替品がないときに限り、返金処理を行います

当店では商品の検品を全て行っております。
従って破損は運送が原因となります。
お客様がコンビニなどから商品を転送した場合、どの時点で破損が発生したか特定できなくなります。
そのようなときは代替品、返金などの処理は行えなくなる場合もあります。ご注意下さい。

キャンセルについて

当店で出荷準備が整った後のキャンセルは行えません

配達予定日の2〜3日前には、当店の出荷準備が完了します

特注品、取り寄せ品に関しては、当店が仕入れ先に発注した時点でキャンセル不可とします

特例処理

ケースバイケースにより、当店の判断で上記と異なる対応を行う場合もあります

クーリングオフについて

2009年10月現在、当店の取り扱うアイテムは全てクーリングオフの適用除外品です。従って、クーリングオフは対応していません

2009年10現在、通販のトラブルなどを扱ったワイドショーなどでコメンテーターが「全ての通信販売にクーリングオフは可能だ。」とコメントする場合がありますが、これは正しくありません。

経済産業省の関連サイトに、「法律で決められている商品・権利やサービス(役務)以外のものについての契約の場合はできない」と記述されています。

具体的には、このページにあるように、「エステティックサロンなどの美容や健康に関する物。学習塾などの教育機材」です。

クーリングオフ制度は弱者を保護するための物です。消費者に好き勝手を許す物ではありません。近頃その辺をはき違え「クーリングオフに対応しないのなら告発する。」と恫喝まがいのことを言う消費者がいます。ぜひ、一度、ご検討下さい。

弱者を保護するとは、本人の意志に関係なく、買わざるを得ない状況下で無理矢理契約されたような場合です。具体的には「特定の暴力団体」などとの関係をちらつかせて脅して、購入させるなどの行為です。

当店は、クーリングオフ制度を否定し、拒否するわけではありません。お困りの方は、お近くの消費者センターに相談することをおすすめします